家

立派な家を建てたいなら東邦ハウジングがベスト

土地に適した工法を選ぶ

スーツのレディ

プラン自由度が高い

一戸建ての工法や構造は、周辺環境や敷地条件を踏まえて、一戸建てを建てた後のメンテナンスの頻度や費用はどれくらいか、リフォームや増改築ができるかなど、多角的に検討した上で選びます。大東市で一戸建てを建て替える場合は、工期の長短も仮住まいの費用に影響するので、きちんと確認しておきたいポイントです。一戸建て住宅の主な工法には、木造軸組工法を始め、ツーバイフォー工法、鉄筋コンクリート造、鉄骨造の4種類があります。いずれも最近は性能的にはほぼ同じようなレベルにありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。現在主流となっているのが、昔ながらの職人技術を駆使した木造軸組工法です。最大の特徴は柱と梁で支えているのでプランニングの自由度が高く、増改築もしやすいことです。大東市の敷地が狭小地や変形地でも柔軟に対応できるメリットもあります。使用する木材は国産や外国産の他、建築用に開発された構造用集成材などがあり、材料を選ぶことでコストを下げることもできます。しかし近年は大東市でも熟練の職人が少なくなってきたことから、技術のバラつきがなく品質も安定しているツーバイフォー工法やプレハブ工法も増えています。ツーバイフォー工法は、工場で予め加工された木質パネルを現場で組み上げていく枠組壁工法で、パネル工法とも呼ばれています。北米で発達した工法ですが、優れた耐震性と断熱・気密性が人気となり、1970年代から大東市を始め日本国内で急速に普及しました。